イー・スンファン東京公演収益金の行方


(撮影:ぼぶちん)

先日のイー・スンファン(イ・スンファン이승환)の東京公演。
ご本人のギャラはなかったそうですが、
主催側に入った収益金がどのようになったか?…が本日発表されました。
以下、DreamFactory発表のその内容であります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは、DreamFactoryです。
本日、暖かくもありがたいご報告をひとつさせていただきます。

去る3月4日日本東京公演の、日本現地公演企画社であるJBW(代表・イー・ジョンウォン)より
公演収益金を「チャッカゲサルジャ(訳注・イー・スンファンが共同運営する慈善財団)」に全額寄付していただきました。

この日の日本公演は、DF民達のみならず、イー・スンファンにとっても大きな意味のある舞台でした。
デビュー26年にして初海外単独公演であり、収益については度外視し、
我々の音楽の自負心を見せてやりたいというミュージシャンの純粋な情熱のみにより
実現された公演だったからです。

イー・スンファンとDreamFactoryのこのような意図は、
日本での公演を成功的に開催することができるよう助けてくれた企画社も
十分に共感していただいたようです。
JWBは、良いことに使っていただきたい、という言葉とともに、
公演収益金全額をDreamFactory側に届けて下さいました。

辛くて大変な世間であっても、自身が持っているものを
もっと大変な人達のために分け合いたいという善の心を持つ人達が多いことを
改めて感じました。

もう一度、JWBに心より感謝の言葉を述べ、
私どもDFもさらに善良に、いつも感謝する心で生きていきたいと思います。

ありがとうございました。

 

안녕하세요 드림팩토리입니다.

오늘 따뜻하고 고마운 소식을 하나 전해드리려 합니다.

지난 3월 4일 일본 도쿄 공연의 일본 현지 공연기획사 JWB(대표 이종원)에서 공연수익금을 ‘차카게살자’에 전액 기부해주셨습니다.

이날 일본 공연은 드팩민들 뿐 아니라 이승환 씨에게도 큰 의미를 가진 무대였습니다. 데뷔 26년 만에 첫 해외 단독공연이었고 수익에 대한 기대 전혀 없이, 우리음악의 자부심을 보여주고 싶은 뮤지션의 순수한 열정만으로 성사된 공연이었으니까요.

이승환 씨와 드림팩토리의 이 같은 뜻을 일본에서 성공적으로 공연을 열 수 있도록 도와준 공연기획사도 충분히 공감했던 것 같습니다. JWB는 좋은 일에 쓰일 수 있었으면 한다는 말씀과 함께 공연 수익금 전액을 드림팩토리 측에 전달 해 주셨습니다.

힘들고 어려운 세상이라도 자신이 가진 것을 더 어려운 사람들을 위해 나누고 싶어 하는 선한 뜻을 가진 사람들이 많다는 것을 다시 한 번 느꼈습니다.

다시 한 번 JWB에 진심으로 감사의 말씀을 전하며 저희 드림팩토리도 더 착하게, 늘 감사하는 마음으로 살겠습니다.

감사합니다.

(2016.3.22 DREAM FACTORYが発表した文章の全文と拙訳)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とりいそぎ、こんなことがありましたよというご報告であります。はい。

コメント
facebookにあがってましたね。
ノーギャラでの海外公演もイ スンファンのポジションだからできたのかもしれませんが、この企画会社もすごいですね。イ スンファンと個人的に親しい方なのか、大ファンなのか。でも次回があるのなら、もっと日本人のお客さん増えて欲しいですね。

個人的な知り合いみたいなことをネットで見た気がしますが…定かではないです、すみません。JWBの親会社は大掛かりなイベントの照明機材も手がけているようですから、そっちつながりもあるかもしれませんねー。(推測)なんにせよ、やることがなかなか太っ腹です。
今回のライブは、日本での集客より、DF側がかなりがっつりと頑張って遠征ファンを集めていた印象があります。FCでの熱心な広報はもとより、韓国内でのツアーの募集もしかり、最前列と中央ブロックを遠征ファンで固めたのもしかり。次回もーちょっと日本人客の割合を増やすために、やはり我々が地道に布教し続けるのも少しは役に立つかもしれませんw
  • Lucy
  • 2016/03/23 10:53 PM
この記事、フェイスブックで見ました。そしてエキサイト翻訳でなんとなく内容はわかったのですが、Lucyさんありがとう〜!これは日本人のファンたちにも知らせたいですね〜〜。私のブログにも載せてこちらにリンクはっていいでしょうか?
なんちゅう太っ腹な企画会社さんでしょう。
でも次は儲けてもらいたいですね。

日本人のファンに向けての布教も大事になってきますね。それなりの勢力になれば、日本のファンにいい席回せ〜!と言える。(いえ、韓国から大枚はたいて応援に来るファンは大事にしなきゃいけませんけどね・・・)日本語しゃべるスンファン氏を見るためにも、やはり日本公演再び期待したいです。
うちのダンナの弁によると「男性ファンをどれだけつかめるかがカギ」とのこと(評論家か?笑)。でも確かにコンサート行ってびっくりしたんです。女性ばっかりだ!って。もっと男のファンを呼びたいな〜と思いました。
  • YOKO
  • 2016/03/24 3:30 PM
ありがとうございます!
ぜひぜひご自由にリンクなりなんなりと!!
そして布教につとめましょう〜〜!!!
(こっそりFBにも貼付けてきました…)
企画社さんには次はぜひ物販も頑張ってもらいたいものですw

そうでしたねー、男性が少なかったですね。確かに。
私の後ろの席のグループにいたかな?くらいですか…
次回は是非、ポスターもスタンダードなものにしていただきたいかもww
  • Lucy
  • 2016/03/24 10:12 PM
タイトル画像が変わりましたね。
ユンサンとイソウンですか?
韓国ものを漢字で書くと新鮮ですね。
今度台湾に行ったら、K-POPのCDでも眺めて来ようかなと思います。

スンファン祭りはまだまだ継続中で、これまでは興味のなかったインタビュー番組とかまでyoutubeで漁ってみてるんですが、なにせ韓国語がわからないものだから、ただ見てるだけでした。
先日ついに中国語の字幕の付いたものを発見してしまいまして、字幕を読み読み、へ~イスンファンってこういうことを言う人なんだ〜とか、今更ですが面白かったです。でもそれがチェリムとの結婚直後のラブラブなインタビューで、ラブラブエピソードを嬉しそうに話す彼を見ているうち、こっちの心が痛くなりました。見てごめん、ごめんよ〜。
  • YOKO
  • 2016/04/01 4:39 PM
タイトル画像は、ソウンちゃんがデビューCDのポスターです。
私のクローゼットの中から発掘されましたw
この図柄からだけでも、当時のDFの(というか工場長の)
入れ込み具合がよくわかるってゆーものですね。

イー・スンファンは90年代のいわゆる歌謡トップ10番組とかは
あんまり出てなかったんですが、
00〜10年代にはトーク番組とか歌番組もかなり沢山出てるので、
喋ってる動画はいっぱいあると思います。
で、案外「ええええ!なにもそこまで…」的なことを言うので(爆)、
(雑誌のインタビューでも…)
こっちがどぎまぎすることはわりとありますねw
チェリムと結婚したばかりのころは、本人あまりの嬉しさに、
「サランハナヨ?」みたいな”鳥肌”MV作ってるし…。
  • Lucy
  • 2016/04/01 10:50 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

What time is it ?

Mail form

list

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM