無敵イー・スンファン!(2016.3.4 TOKYO)


3月4日(金)、Zepp DyberCity TOKYOにて開催されました、
イー・スンファン(イ・スンファン이승환)の初東京単独ライブに行って参りました。
およそ2時間、たぶん23曲を最初から最後まで完璧にこなす、
さすがライブの神!らしいステージを見せていただきました。
以前の記事で3列目と書きましたが、実際はA列がなく、2列目で、
とはいえステージに向かって左の端の方だったけれど、
十分すぐ近くでスンファン翁を堪能させていただきましたよ。
鼻血でるかと思ったけどなんとか留まってよかったです。

観客のほとんどは韓国からいらしたファンと、日本在住の韓国人ファン。
ライブのわりと早いうちに、「日本人はどのくらいいますか?」という質問があり、
思ったより少なかったらしく「ええーーー??うっそーーーー!」とw
(因みに、この「ええー??」というのは日本人特有のリアクションなんですね)
いや、私はけっこう多いと思ったけどな…。
最前列と、会場のど真ん中の固まりの前方列はほぼ本国ツアーだったんでは、と思います。
私の座っていた2列目は、皆さん公式HP先行予約(12月17日)にポチった方々でした。
(因みに公式HP、既にコンサート翌日には主催会社のHPに変更になってました。早っ!)

元々イー・スンファンのライブというのは、観客がやることが多いので有名なのですが、
今回もDF民の皆様が全体を引っ張って行ってくれました。
今回、公演中に許可されたイベントは「紙吹雪」「紙飛行機」「トイペ投げ」。
コレ用の小物を有志が一生懸命作って配布してくれたり。熱いなあ。
(韓国のライブでも配ってるそうですよ)
会場中が紙吹雪やら飛行機やらでいっぱいになってました。
今回、DF側から事前にファンクラブへ
「日本の企画社からのお達しがあったんでキレイに掃除して帰ってね」
との通達があったこともあり、
最後は皆さん一生懸命お掃除してくださいました。(いつもしてると思います)
おつかれさまでした!!

ひとつ残念だったのは、物販が一切なかったこと。
DREAM FACTORYエコバッグ欲しかったよ!
日本公演記念ペーパートイ欲しかったよ!!!
ORIGIN Tシャツは…元々既に売り切れだったんですけども。

曲目は現在ツアー中の「公演の起源ORIGIN」がベースとなっておりまして、
このツアーとは若干アレンジ違いの曲もあるそうです。
例えば「사랑하나요」はORIGIN以前のアレンジだったとか。
あのレーザー多用の照明もORIGINベースだそうで。
あのレーザーはご本人自慢の「僕の」レーザーです。個人の持ち物なんか!
さすが自称「レーザー富者」だけのことはありました。


(환토끼 撮影:ぼぶちん@CLUB KKO KKO特派員)

そうそう、「기다린 날도 지워질 날도」もやりました。
ええ、この曲を知ってる人は老人です…と言われましたけど、なにか?w

今回、日本側の企画社がつけたタイトルが「バラードでさ・ら・う」でしたが、
このタイトル、元々は昨年10月に自身の財団で行った慈善イベント
「발라드로 발라드려」が基になってまして、
これを日本側が上記のタイトルにしてしまった為、困っちゃったなあみたいな…w
(うーん、無理に訳せばバラードで塗ってあげる、とか?)
(因みにあの王子様チックな薔薇のイラストも、このときの公演のポスターでした)
(だって公演のドレスコードが「少女漫画」だったのよ…)
恐らく企画が決まった時にやってた公演がコレだったからかと思うんですけど。
もう少し遅かったら「ORIGIN」で広報が出せたかもしれないですね。

タイトルはともかく、この人のライブは、
後半に行くに従ってロックやハードな曲が続くので、
ファンも体力勝負だな!って感じでありました。
こっちは結構普段の体力不足を途中から痛感しましたが、
ご本人は走る回る回る回る歌うマイク振り上げるで
その間全く声がぶれないのがとにかくスゲー!バケモノ!
伊達に肉体改造してないです。50歳の体力じゃない…。

テンションMAXのまま一旦終了し、
待ちに待ったアンコールにこれ↓ですよ。
当日の実況でご覧下さい。

●アンコール「어떻게 사랑이 그래요」


すごいですねー、泣きましたねー。
あれだけ離してるのにマイクが音を拾ってましたねー。
なんかもう、よく韓国人が言う「クラスが違う」ってのは
こういうことだよね、と思ったものでした。

私が最初にイー・スンファンのライブを聴いたのは、
たぶん93年に出た「THE SHOW」というライブアルバムです。
1,2集と이오공감からのライブで、後にVHSも出ましたが、
アルバム(カセット…)音源とのあまりの違いにものすごく驚いたのを憶えています。
なんかものすごくかっこいーんだけど、と。
多分このライブアルバムがなかったら、私は彼のアルバムを4集くらいで買うの止めたかもしれません。
音源には音源の音があって、ライブにはライブの音がある。
音源にはそれに合う歌があり、ライブにはまた別の歌がある。
その使い分けが非常に上手い、
上手いというか自分の特性をよく知って最も良い表現方法を知っている、
つまりセルフプロデュース能力が並外れて長けているからこそ、
27年間、CDを出して、ライブの頂点に君臨してきたのでしょう。
彼が無敵と言われる(たぶん最初は自分で言ったと思うけど…)所以かなと思います。


エンディング(撮影;ぼぶちん)

まあ、そんな夢のような怒濤の1日も終わりまして、
今週から通常営業に戻らなくては。

次回の韓国でのライブテーマはずばり「バラード」だそうですw
頑張れ、無敵イー・スンファン。

おまけ。
2月の「19禁」ライブの時にも配った紙皿、今回配布されたうちわ(…。)。
うーん、び、微妙だ…。

コメント
ライブレポありがとうございます。
自分が参加したライブをほかの方の視点で読ませていただけると、さらになんか深まりますよね。目がいくつも増えたような。しかも2列目の視点。うらやましい。

LucyさんもSHOWがなかったら聞き続けてなかったのかも知れないんですね。すごく共感します。
CDだけだと何というか物足りないですよね。
私もずーっとそういう風に思っていて、初めて買った「HUMAN」にロックっぽい曲がはいってなかったら、SHOW買わなかったし、SHOWのビデオをみてなかったらこんなに聞き続けていなかったと思います。

でも、今回のライブをみたら、今までいまいち好みじゃないなぁ。と思っていたCDの曲たちが全部名曲に聞こえ始めました。どんな魔法をかけられたのかな?


彼のセルフプロデュース力すごいですね。
もともとイケメンでも何でもないのに、なんかどんどんカッコよくなってませんか?会場で話をした韓国ファンの女性が目をキラキラさせて「彼はハンサム」って言ってました。ハンサムの意味は頭がいいってことかもしれませんが、王子様を見る目でしたのでちょっと驚いたんです。

自分の魅力をどう見せるか考えつす進化形のイスンファン、まさに無敵だと感じました。
  • YOKO
  • 2016/03/08 10:59 AM
YOKOさん
ありがとうございます!YOKOさんのレポも楽しく拝見してます^^
2列目の…はあまり関係ないですね^^;なんか、思ったよりかなり横の方からだったので、正面から見たかった…。(欲を言えばきりがないです)

私が韓国歌謡を聴き始めて割と早い時期に、音楽雑誌で「ヘビメタ出身歌手」の特集がありまして、キム・ジョンソ、シン・ソンウ、ソ・テジ、イム・ジェボム、イー・スンチョル…はともかく、えっ、イー・スンファン!と驚いたものでした。でも、確かに89~91年当時の男性ソロボーカリストの曲と比べるとイー・スンファンの1集、2集は音の作り方が(あれでも)段違いでかっこ良くてバンドっぽかったのと、2集収録の「下宿生」の原曲を聴いた時に「ああこの人はロック好きなんだ、ちょっと凄い」と思いましたよ。
それで彼はいい気になって(?)「2・5共感」でちょっとロック寄りに突っ走っちゃったら世間から大ブーイングを受けてしまうんですがw

外見のセルフプロデュース力はイー・スンチョルとイー・スンファンが韓国歌謡界では双璧だと思います。シン・スンフンはそれがちょっと足りなくて惜しいかなw
  • Lucy
  • 2016/03/08 10:39 PM
ヘビメタ出身。
そういえば、そうですね。その話題、私も聴き始めた時期に何かの記事で読みました。Lucyさんの記事かも?もともとヘビメタ趣味で、アマチュア時代はロックをやっててもプロになって売らなきゃいけなくなると、こういう感じになっちゃうのかな〜っていうのが当時の私の印象でした。韓国の聴衆の好みとかありますでしょうし。
ロック寄りになってブーイングかぁ。
ま、聴衆のイメージってありますよね。当時は特に。
「泣ける歌が聞けると思ったのに!」みたいなね。

イ・スンチョル…って顔が変わりましたよね。思いっきり。ずいぶん前ですが韓国でテレビに出てるのを見て、え?この人?!って二度見三度見しましたもの。
ところで、イスンチョルって10年以上昔日本で公演してませんか?YMCAだったかで韓国のアーチストたちが次々にコンサートやってた時期があって、わたしもイソニとこのひと(だったか?)を見に行って、公演後この人の取材(インタビュー)に立ち会ったような気がするんです。録音機をかかえてた。でもWIKIみたら185cmって書いてあって、もっと小さい人だったような。。誰かと間違ってるのかな?

小柄で、歌がうまい韓国のバラード歌手っぽかった人誰だろう??わかりませんか?

  • YOKO
  • 2016/03/12 1:36 PM
あっ、日本語で書いた記事なら十中八九私の記事ですw<ヘビメタ
当時、イー・スンファンについて書かれた日本語の記事は見たことがない…。
(そんなはずはないと思うので忘れてるだけかもです)

そして、YMCAのソレはすんちょらーその人です。
あのとき、他に来たのはCountry Kko Kko、シナウィなので、
ソロだったのはイー・スンチョルだけだったかと。
当時はこぶ平だったんですが、その後ずいぶんやせまして、
更に数年前、再婚して激やせしましたね(いい意味で)。
185cmなんてないですよw
韓国のプロフィールだと170cmでした。たぶん170もないのでは。
おそらくイー・スンファン(167cm)とたいして変わらないと思います。




  • Lucy
  • 2016/03/12 3:40 PM
185cmの謎・・・

wikiより
イ・スンチョル(李 承哲、Lee Seung Chul、1966年12月5日 - )は、韓国の歌手。身長185cm、血液型A型。2006年にはRUI名義で日本デビュー。

お返事ありがとうございます。
やっぱり私が見たのはイスンチョルですね。
小さい人でしたよ。私(168cm)と同じくらいか小さいくらい。170はないと思います。
なぜ185cm??
上げ底ブーツ穿いても厳しすぎる。っていうか身長伸びたのかな?単なるミスタイプなんでしょうねw。

他は、Country Kko Kko、シナウィですか?イソニも来たと思ったけど、どうだったでしょうね?オムジョンファだったかも?なんかもうその頃のことが記憶のかなたで、いろいろ思い出せないんです。
イ・スンチョルはマジマクコンサートくらいしか知らなかったけど、歌が上手かったです。終演後Ref好きの友人(たぶんLucyさんも知ってる人)が「インタビューするんだけど助手して」って頼まれて楽屋に行ったのは覚えてます。インタビューの内容は忘れたけど。

イスンファンは遠くからしか見てないけど、160センチちょっとくらいでしょうね。
  • YOKO
  • 2016/03/12 4:20 PM
あっ、すみません、ソニお姉さんも来てますよ!
ソニさんとすんちょらー以外はこっことシナウィだったという意味でした…。紛らわしくてスミマセン。
さて、私の手元には、92年と93年に行われた環境保全コンサートのステージ写真があるのですが、当時のそうそうたる顔ぶれが横一列に並んでおりまして…、まあなんというか…どんぐりの背比べw
改めて見ると小柄な方が多いですねえ…。

R.efがお好きな方。…むむ?思い当たらないですが…
そういえばR.efのソン・デヒョン君は私(162.5cm)と
ほぼ同じくらいの身長でした。
  • Lucy
  • 2016/03/13 1:13 AM
Ref 好きの人は、周華健ファンクラブの会長さんだった人です。お姉さんと一緒に活動してたし、その後韓国モノに活動の幅を広げてらしたのでご存知かなと思ったんです。失礼いたしました。
やっぱりイソニも来てたんですね。もうね、ホントに忘れてていろいろ怖いですよ。

ところで、コンサートの熱気が冷めやらないのでそろそろくるかと思ってたんですが、今朝の夢に遂にイスンファンが登場しました。ツアースタッフと一団になってうちに遊びに来ました。50人くらいの取り巻きのファンも押しかけてきて、朝まで大騒ぎという夢でしたーーー壊れかけてるかもw
  • YOKO
  • 2016/03/13 10:07 AM
こちらでも、こんにちは。
イ・スンファンから1週間が過ぎましたが、未だに聞いてる曲はイ・スンファンです。

こちらで、イ・スンチョルが出てきて、思わずドキッとしました。
私が、韓国の音楽を聞き始めたのは、学生のころに留学生にキムゴンモやシンスンフンのテープをもらって聞き始めたのがスタートなのですが、自分が好んで聞き始めたのは、93年に韓国旅行で気にいって買ってきたイ・スンチョルからでした。

ただ、在韓中にコンサートにも行ったのですが、今回のイ・スンファンのような持っていかれた感がなかったです。

体調や音響の関係もあるんでしょうが、歌も上手いけれど、思ったより声が出てなくてちょっと残念だった記憶が。。。

身長185僂論簑个覆い任垢諭サバ読める身長差ではないので、編集ミスでしょうか???
Lucyさま こんばんは 
みなさま はじめまして

Lucyお姉さま おことばにあまえて…遅くなってしまいましたが
少しだけおじゃまさせていただきました。
YOKOさま 夢でイ・スンファンさんにお会いになれるとは、とってもうらやましいです。

先週の今ごろには公演の余韻が続き、ぽーっと過ごしておりました。
本当にすてきなレポをありがとうございます。あの日の感動がよみがえります。
読ませていただいたあとに、つたない文章で感想?を書くのは気がひけますが…(・・;)

とにかくもうすべてがすばらしかったです。
当日はどきどきしながらひとり会場に向かいましたが
(韓国のファンの多さに驚きました)
みなさんと一緒にたのしむことができて、幸せなひとときでした。

私の席は2階C列の舞台に向かって右側だったのですが
全体もよく見えて、思ったより近くに感じられました。
紙ふぶきや色とりどりの紙ひこうきなどの舞う様子はとてもきれいでしたよ。
ファンの方が用意してくださったのですね。
イ・スンファンさんはあのまばゆい照明よりも輝いていらっしゃいました。
あんなにくるくる回ったり跳ねたりしながらも完璧な歌を聴かせてくださるとは…すごいです。

アンコールの映像を見せていただいたら、また胸がいっぱいに…
いつまでもずっと聴いていたかったです。
載せていただいたお写真の、エンディングのダンスはちょっとかわいらしく(^^)
はじめのほうは日本語でお話ししてくださったのもうれしかったです。
2階には日本の方も多かったように思うのですが、…どうでしょう?
CDの音も好きですが、ライブに行ってすっかり魅了されました。
ファンになってまもない私ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
「The Show 」のアルバムを、これから聴かせていただくところです
(エヘン虫さん ありがとうございます)。
  • プリムローズ
  • 2016/03/13 9:35 PM
ひえええ。
油断してたら千客万来で、まことにありがとうございます!

>YOKOさん
周華健FCの会長さんって…漫画家さんだった方ですか?
以前このブログに書いた、休息というデュオがカバーした件で、
お手紙をいただいたことがありましたが、
お目にかかったことはなく…。
その方でなければたぶん存じ上げないです…。
R.efお好きなら言って下さればいろいろネタもあったのにw

そしてYOKOさんの夢、ダイナミックすぎですw
今回一緒に行った、左に座っていた友達は、
次の日に夢に見たそうです。
私は3日後くらいに見ました。
でもなんか、普通に喋っただけだったので、
そんな楽しい夢だなんて素敵です。
夢といえば、それこそ昔、イー・スンチョルの夢を見ました。
レコーディングスタジオに遊びに行ったら
お寿司をとってくれて、なぜか一緒に行った高校の友達と
3人で寿司桶を囲んで美味しくいただきました。変なのw
  • Lucy
  • 2016/03/14 12:36 PM
>すみつばめさん
こんにちは!書き込みありがとうございます!
抜け殻具合はもう埋まりましたか?
イー・スンチョル185cmは…うーむ、もしかして本人の願望でしょうかw
ネットにg.o.dのキム・テウ(190cm)と並んだ写真がありました。ついていたキャプションが「キム・テウがでかいのか、イー・スンチョルが小さいのか」…。アタマ一つ以上違いました。
そういえばイー・スンファンはスンチョルと一緒になにかに出てるイメージが全然ないですね。

イー・スンファン、イー・スンチョルのライブの違いについて、10数年前のQ&Aで面白い記事がありました。
http://kin.naver.com/qna/detail.nhn?d1id=3&dirId=302140101&docId=55677977&qb=7J207Iq57LKgIOydtOyKue2ZmA==&enc=utf8&section=kin&rank=2&search_sort=0&spq=1&pid=SXh0udoRR1RssbEOpfVsssssstR-388397&sid=6xvhCgI8laGuYpZodHQLzg%3D%3D

またぜひ、在韓時代のことなどもおしえてくださいね!ありがとうございました。
  • Lucy
  • 2016/03/14 12:56 PM
>プリムローズさん

書き込みデビュー(?)ありがとうございます!
ライブ前にご連絡いただたいてたのに、もう私が信じられないほど浮き足立ってたので、ちゃんと当日おめにかかれるようにしとけばよかったな〜と、後でものすごく後悔しました…。

2階席、実は私たち、予約の際に席が選べたら2階にしようとしていました。実際に行ったことがある方の話や、ネットの評判が「選べるなら2階サイコー」だったので。
色々見てみると、日本で前売りを買った留学生などの韓国人グループがけっこう2階は多かったみたいです。
で、2階から撮られた写真もいい感じのがかなり多かったのですごく良かったんじゃないかなーと思います。

ここに書き込みして下さってる方はみなさん未だに持ってかれて帰って来れてないようで(^^)、同志がたくさんいて心強いですね!

また是非、いろいろ書きにいらしてくださいね^^
ありがとうございました。
  • Lucy
  • 2016/03/14 1:09 PM
こんにちは。
すみつばめさん、プリムローズさんもこんにちは。仲間が増えた!夢に見てる仲間も多いですね。やっぱりなんというか、こう無意識界に作用してくるものがありますね。ライブって。

プリムローズさんは2階席だったんですね。
2階席の方がステージがはっきり見えてよかったでしょうね。私のところからはちょっと見えにくくて、マイクスタンドをぐるぐるするところとか見てないんですよ。

Lucyさん、漫画家だったかどうかわかりませんが、ライターさんです。
今もお付き合いあるんですけど、Refに入れ込まれてた頃は、毎日私宛にRef愛を語るメールを送ってくれてました。周りが中華なひとばかりで大韓ものを語る相手がいなかったんだと思います。

Lucyさんも書いてらっしゃいましたが、90年代後半に韓国ポップスが中華の世界に進出してお互いにカバーとかが増えるまで、それぞれのファンは分かれていましたよね。いまもかな?C-pop,K-popはそれぞれ住み分けしてるのかな?

イスンファンの話題なのに、スンチョル話が長引いて恐縮です。でも韓国の知恵袋でも質問でるような感じなんですね。「イ・スン」まで名前も同じだし・・。(関係ないか‥)
  • YOKO
  • 2016/03/14 6:15 PM
>Lucyさん

韓国の方のライブ評ありがとうございました!

イ スンチョル!まさに、私が感じた、歌は上手いけど思ったより声が出てない、ライブとして持っていかれた感が少ないと感じた部分をこの方がとてもよく表現してくれてると思いました。

最近は、なんだかすっかりバラード歌手路線で、最近の曲は全くチェックしていないのですが、コンサートなら昔の曲も多く歌ってくれると思うので、機会があれば行きたいです。でも彼の場合は日本でできるかな…(入国できないかも…)



うはは、なんだか昔の掲示板みたいな状況で楽しすぎます^^

>YOKOさん
私の印象では、97~8年頃から、
日本のアジアポップスファンの中でも中華圏ファンが
韓国ポップスにどどっと流れ込んで来た実感がありました。
それまではパッキリ分かれてましたよね。
たまに、中国に留学していた時に同室の韓国人から聴かされて…という方がいましたけど。
今はどうなんでしょうね??
ただ、先に韓国から入った人で中華に流れた方は少なそうですね、
  • Lucy
  • 2016/03/16 12:43 AM
>すみつばめさん
そうそう、入国が…w

このQ&Aで答えてる方、ほとんどがイー・スンファン側のファンのようですが、このベストアンサーの方はなかなかうまいこと言ってる、と思います。それにしても、質問者の「2年後にまだコンサートしてるかしら…」には笑いました。
10年たってもまだやってるってw
  • Lucy
  • 2016/03/16 12:50 AM
Lucyさま YOKOさま すみつばめさま みなさま こんばんは 
お仲間に入れていただきありがとうございます。

Lucyお姉さま 
こちらこそ大変失礼しました。直前に突然ご連絡さしあげましたのに
やさしいお返事をいただいて、うれしい気持ちで
当日を迎えることができました。本当にありがとうございます。

来日公演のことはお正月に教えていただいて
一般発売でチケットを求めましたら、自動的に2階席になりました…
あっ私の前やおとなりの席も学生さんらしい感じの韓国の方でした。
客席に降りてきてくれた時には、2階では席を移動して
写真撮影される方も続出しましたけれど、特に混乱(?)もなく
ファンのみなさんの雰囲気はとてもよかったです。

イ・スンファンさん イ・スンチョルさん
みなさまの夢に登場されているのですね。驚きました…!
周華健さんは「韓流前夜」の記事の中でも歌っていらっしゃる方なのですね。
気づくのが遅くすみません。初心者ですので 隅のほうで
お話を少しずつ読ませていただこうと思っております。
またおじゃまいたします。
  • プリムローズ
  • 2016/03/17 12:23 AM
プリムローズさん、こんにちは!
私は12月にイープラスからメール来て(まさか来日するとは思ってなかったけど、「イスンファン」でアラート登録してた)、ちょうど公式サイトの先行受付が終了したタイミングで、イープラスの先行受付から申し込みました。そしたら、一階席の後ろ〜の方でした。

なんだか、変なマニア話をしてすみません。
清く正しく(?)イスンファンの魅力について語りましょう!
私、今自転車通勤してるんですけど、イヤフォンは危ないので、胸ポケットに入れた携帯からそのままイスンファンライブを流しつつ自転車漕いでます。(信号で止まるときちょっと恥ずかしい)

彼のライブの魅力のひとつは、客席とのやり取りですよね。客席にどんどん歌わせますけど、必ず歌詞を先に言ってくれるでしょ。親切だな〜。(橋幸夫とかやってくれます。)ロックコンサートではあんまり見かけない光景ですが、ちゃんとロックしてるから素敵です。

東京公演の「DunkShoot」だったかでは客席に叫ばせるとこ、「2times! 3times! scream!」なんて英語で言ってくれてて、ジーンとしました。
  • YOKO
  • 2016/03/17 3:12 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

What time is it ?

Mail form

list

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM