待っていた日々も 消えてゆく日々も(再訳)(イー・スンファン)

イー・スンファン(イ・スンファン이승환)来日公演迄
既に1週間を切りました。
もうね、ドキドキですw
書き出しが前回と同じなのは気にしないで下さい。
それくらい緊張してますよ…。てか、来週の今頃はもう終わってるのか…
なにを楽しみにこの後生きてゆけばいいのやら(それほどか?)。

もう先週のことになりましたが(2月20日)、KBS「不朽の名曲2」で
作曲家オー・テホ(オ・テホ오태호)編ありました。
ご本人も勿論出て来て、いろいろ語ってました。嬉しかったなー。
私個人は「기다린 날도 지워질 날도」を誰か歌ってくれないかと思っていましたが
それは叶いませんで、一部エピソードだけのご披露でした。
 


イー・スンファン1集。
スーツに白い靴下が当時の韓国男性の定番でした。

 


…とその前に。
実は私はこの「不朽の名曲2」という番組が、あまり好きではなくて、
よっぽどのことがないと(今回はよっぽどのことでした!)、まず見ません。
今のリメイク歌競演番組ブームの先駆けとなったこの不朽の名曲2ですが、
えーと、その前身の「不朽の名曲」はたぶん全部見たと思いますw
Country Kko KkoがMCしていたものですからww
この前に2を見たのは、ユージン・パク유진박がキム・ジョンソ김종서と一緒に出た、
チョー・スミ조수미編をその部分だけ見たのだったかもしれないです。
そのくらい見ない。
なんでか。
1) いらんトーク多すぎ。控え室トーク2/3は不要かなあ。
もっと内容に沿ったトークしようよ…。
2) この尺で歌少なすぎ。この時間ならあと3人歌えるでしょう。
3) 必ず私には残念すぎるアレンジの曲が1曲以上ある…(これは好みなのでなんとも)。
今回それに該当した曲、実は数年前に別の歌手がこの番組で歌ったアレンジも、
非常に残念すぎるというか「いや、それ無しだから!」だったんですよね…。
4) むんひず、太り過ぎじゃない?
最後のはともかく、だから私はMBCのこの手の番組の方が好きかもです。
以上、超個人的見解でした。不朽の名曲2ファンの皆様すみません…。

という前振りを長々とかましつつw

イー・スンファンの「기다린날도 지워질날도」という曲は、
実は他の歌手(故ホン・ソンミン홍성민)に書いた曲だったのですが、
イー・スンファンが「これを俺にくれ」と横やりを入れて来たんだそうです。
でも、もう明後日には渡さないとならないから…と断ったら、
穴子の刺身をおごってくれて、それでイー・スンファンに渡してしまったというw
それでホン・ソンミンに急遽書いたのが、
「기억날 그날이 와도(思い出すその日が来ても)」という曲でした。
「応答せよ1988」のOSTにも収録されている曲です。
にしても「기다린날도 지워질날도」も「기억날 그날이 와도」も、
とてもメタル系ミュージシャン達のプロジェクトアルバム用の曲には思えないw


でもって、今回、イー・スンファン来日公演記念!
というわけではない(かもしれない)けれど、
この曲やってほしーなーの願いをこめて、
前回あまりにも、あまりと言えばあんまりな意訳を掲載したこの曲に、
20年+αぶりに挑戦してみたいとおもいます。
そう、あのあまりといえばあんまりな意訳に満足してしまった私は、
その後コレを訳してみようとかまったく思っていませんでした(いや、難しいし!)。
それに、最近のライブではこの曲やってないんです。
あの毎回出演するたびにやってたKBS「コンサート7080」でも
2015年にはやっていないので、
今回もどうかなあ…と半ば諦めてはいるんですけどね(涙)。


●이승환 「기다린날도 지워질날도」まさにおりんわんじゃだった頃…
 

 

待っていた日々も消えてゆく日々もLee,Seung-Hwan (lylic:Oh,Tae-Ho) [kidalin naldo jiwojil naldo]'89

待っていた日々も 消えてゆく日々も
全てが君のための時間だったけど
こんなふうに遠ざかるばかり 君の気配は

これ以上なにを僕に望むの
たくさんの理由ももういらない
ただ君が笑う顔を見たいのに

いつまで君を想うのか なにも言えないまま
今 別れを口にすれば もう会えないのに
愛してるとなぜ言えなかった
愛した君の前に積み重ねた時間も もう何も無いけれど

待っていた日々も 消えてゆく日々も

全てが君のための時間だったのに
こうして遠くなっていく君は行ってしまうのか

いつまで君を想うのか なにも言えないまま
今 別れを口にすれば もう会えないのに
愛してるとなぜ言えなかった
愛した君の前に積み重ねた時間も もうなにも無いけれど

これ以上なにを僕に望むの
たくさんの理由ももういらない
ただ君が笑う顔を見たいのに



…以前のがいかにバッサリといったかというのが…w
でもやっぱりアレのほうがよかったなあ…(自己満足)
というかですね、この主人公は、未練たらたらなのか、
すっかり別れを受け入れて泰然自若なのか、
その両極を行ったり来たりしてるあやふやな内容なのかしらん。
第一人称があやふやで、どこからどこまでが僕なのか、
実は途中に君の視点が入ってるんじゃないかとか
つい色々な解釈をしてしまいますが単なる考え過ぎですね、はい。
シンプルに考えれば、タイトルの「待っている日々も消えてゆく日々も」も
単に「過去も未来も」ってことなんだなあ…と
20年+α経過してやっと気がついた次第です。マジで。情けなっ。


コメント
穴子の刺身でやり取りされるってところがいいですね〜。穴子の刺身って食べたことないですね。韓国では一般的なのかしら???

明日楽しみましょう♪
この客はやってくれるかな?
  • YOKO
  • 2016/03/03 5:50 PM
穴子…。どうなんでしょうね?
ヒラメ、ホヤ、サンナクチ(タコが動いてるアレ)とかは憶えていますが、穴子は記憶にないですねえ…。でも今ぐぐったら、日本でも食べているところは多くて、美味しいそうですよ。
当時は高くて食べられなかったのに、それを(スンファンヒョンが)おごってくれたから…と話してましたw

明日の今頃は余韻にひたってる頃でしょうか。
明後日から何を楽しみにすればいいのか心配ですww
  • Lucy
  • 2016/03/03 11:03 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

What time is it ?

Mail form

list

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM