思い出の中で会おう(Mayflower Feat.イー・スンファン)

先月末のへちょら〜ショックからなかなか抜け出せませんで、
更新もすっかり滞っておりました(いや、いつものことじゃん自分)。
これを打破するには、なんかこう、
自分の、自分だけのこだわりを書きなぐるのが一番か思いまして、
この初夏に発表された曲をとりあげたいと思います。
はっきり言って今年のヘビロテ。
 

Mayflowerというのは私の一番好きな作曲家、オー・テホ오태호(オ・テホ)の新プロジェクト。
昨年末に彼について書いた頃には、まだ、たま〜にテレビに出て、
キム・ヒョンシク김현식について語ったりするくらいだったのですが、
今年6月にエッセイ集「비 갠 아침 바람 향기 (雨上がりの朝風の香り)」を発表、
その付録に形態としてはなつかしい、ちっちゃなシングルCDを付け2曲を収録したのです。
しかもそのうち1曲は22年ぶりのイー・スンファン이승환とのデュエットですよ!

●추억속에서 만나요


思い出の中で会おう
Mayflower (lylic:Oh,Tae-Ho) [Chuog sog eseo mannayo]'14


「これからは思い出の中ででも会おう」と
なんでもないように笑いながら背を向けたあの日

早春のかげろうのように立ち上る
僕らのあの恋が蜃気楼に変わった日


君がいない日常は電源オフになってしまった
僕のすべてからにじみ出ている君の跡形のせい

君を忘れることも戻って行くこともできないくせに
こうして君の幸せを願う自分の本心に腹がたつ


知ってるかい 変わってしまった心の前では
愛してるという真意なんか意味がないって

世界は広くて、僕はちっぽけだから
君の手を離してあげるから安心して行っていいよ


もうこれ以上 忘れようとはしないよ
思い出した時くらい たまには思い出の中で会おう

大切だったけど ただそんなありふれた
ふたりの愛が終わっただけだから

僕には大切だったけど ただそんなありふれた
ひとりの恋が終わっただけだから…


なんといいますか、歌詞もメロディもオー・テホ節大炸裂。
どっかで聴いたようなメロディ(しかも本人曲)ながら
該当の元歌があるわけでもなく、
一人称が不安定(しかもその不安定さが心地いい)で
解釈がちょっと難しいのに泣けちゃう歌詞。
歌ってる2人とも40代後半(つーか、Little Princeイー・スンファンは来年50)なのに
全然年齢を感じない淡々とした歌声が、
90年代初頭につぎつぎ出会った韓国ポップスとの日々をよみがえらせるのです。
11月に放映されたEBSの老舗音楽番組「共感」でのライブもありまして、
いよいよオー・テホの本格的音楽への復活だな、と非常に嬉しく思っています。
因みに、この長い間、音楽界から離れていた大きな理由のひとつは、
なんらかの理由で(←ラジオで聴いたんですが失念。確認したら再掲します)
お子様と過ごしたいからということでした…。

さて、拙訳でありまして。
韓国語は基本的に男性・女性の言葉遣いに違いがありませんで、
(方言や話し言葉には男性しか使わないとか女性しか…というのもありますが、
こういう歌詞に使うような言葉には殆どありません)
しかも男性が女性の立場で歌う(日本の演歌にありがちな…)のも、
その反対に女性が「僕」の立場で歌うのも滅多にないんですね
(例外あった筈ですけど、すぐに思い出せないくらいほんっとに少ないので…)。
なので普通に考えればこの歌も「男性・一人称・ひとりのつぶやき」なんでしょうけど、
↓の部分だけ、別れを告げられた「君(女性)のつぶやき」かもしれないと
ふと思いました。

知ってますか  変わってしまった心の前では
愛してるという本心なんか意味がないって


世界は広くて、私はちっぽけだし
あなたの手を離してあげるから安心して行っていいわ

 
추억속에서 만나요 (작사/곡 오태호)

"이젠 추억속에서나 만나자"면서
괜찮은듯이 웃으면서 돌아선 그날..

이른 봄 아지랑이처럼 피어오르던
우리의 그 사랑이 신기루로 변하던 그날

너 떠난 뒤 내 일상은 전원이 꺼지고
내 모든 것에 배어있는 니 흔적 때문에

널 잊을수도 돌아갈수도 없는 주제에
이렇게 니 행복을 비는 내 진심에 화가나

알고 있나요 변한 맘 앞에선
사랑하는 그 진심 따윈 소용이 없음을..

세상이 넓어서, 내가 모자라서
그대 손을 놓아주니 편히 떠나요


너 떠난 뒤 내 일상은 전원이 꺼지고
내 모든 것에 배어있는 니 흔적 때문에

널 잊을수도 돌아갈수도 없는 주제에
이렇게 니 행복을 비는 내 진심에 화가나

알고 있나요 변한 마음 앞에선
사랑하는 그 진심 따윈 소용이 없음을..

세상이 넓어서, 내가 모자라서
그대 손을 놓아주니 편히 떠나요

이젠 더 이상 잊으려만 말고
생각날 땐 가끔 추억속에서 만나요

소중했지만 그저 그 흔한
두 사람의 사랑이 끝났을 뿐이니까..

난 소중했지만 그저 그 흔한
한 사람의 사랑이 끝났을 뿐이니까..
 

コメント
わ〜、久しぶりに覗きに来たら、いいものめっけ!です。母が急逝、父の毎日を見なくてはならなくなり音楽からも遠のいています。二人の声に呼吸が整う感じがしました。ありがとうございます。。
  • hiko
  • 2015/05/24 8:15 AM
>hikoさん
お久しぶりです!
書きかけの記事が2本あるのに完成させてないような、中後半端なブログにいらしていただき本当にありがとうございます…(とほほのほ)

この曲、最初に聴いた時にあまりにもスッと入って来たので、完全に聞き流してしまいそうになりましたw
でも3回目くらいに泣けました…。

ひょんな時に更新してるかもしれないので、
またお時間に余裕がある時にでものぞいてみてください。
ありがとうございました。
  • Lucy
  • 2015/05/24 10:08 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

What time is it ?

Mail form

list

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM