愛と友情の間(Pinoccio)

3月16日に放映されたKBS-2「コンサート7080」を見ておりましたら、
K2キム・ソンミョン김성면が出演しておりました。
放映された2曲のうち、ひとつはソロのヒット曲、
そしてもうひとつがこの曲でした。

キム・ソンミョンはけっこうあちこちでこれを歌っているので、
動画を検索すると本家ピノキオより彼の歌の方が多いかもしれません。
で、いくつも動画はあるんですけど、今回の「7080」は絶品でした。
Youtubeにアップされたら貼付けようかと思いますが、その前に本家↑でご覧ください。
ギターが既にPositionの人じゃなくて交代してますな。

 

↑ピノキオ 1集。

 
愛と友情の間 PINOCCIO (lylic:Oh, Tae-Ho) [salanggwa Woojeong sai]'92

思い浮かぶのは君の顔

時は少しずつ 僕らを引き離していくけれど

いつからなのか なぜなのか

小さなその手を握るのも怖かった
 

誰も君の代わりには なれないけれど

どうせ別れるってわかってた僕には

短いつきあいにも未練はないさ

違う そうじゃない 未練ばかり
 

止めておきたい瞬間や

幸せだった想い出も

なににも替えられなかった君だけど

僕の涙と引き替えよう

隠していた君の本心が 今はわかってしまったから
 

愛より遠く 友情よりは近い

そんな目で僕を見る 君の心から離れよう

僕自身より誰よりも君を愛してた

そんな自分がうらめしい
 

恋人じゃない だからって友達でもない

こんな関係はもう嫌だから

偶然よりも短かかった僕たちの縁

僕はそこから抜け出そう
 

1993年から94年にかけ、100週以上にわたり
MusicBoxというヒットチャート紙の50位以内にとどまり続けた、超ロングセラー曲です。
ピノキオにとっては2枚目のアルバムで、ほぼ唯一のヒット曲でもあります。
このアルバムでのボーカリストは 現在K2として活躍中のキム・ソンミョン。
この曲のヒット中にドラムスが亡くなるという事故があったり、
キム・ソンミョンと後からギターで加わったイー・ テソプが脱退してメンバーチェンジがあったり、
紆余曲折が有りながら、現在も彼らが活動できているのは、この1曲があったから、かもしれません。
93年のある夏の終わり、韓国MBCラジオの深夜番組を聞いていて、
この曲が流れてきたとたんに引き込まれてしまいました。
翌日、私はこのアルバム(の カセット)をある韓国書籍専門店のレジに差し出していました。
以来この歌は私のカラオケ18番として長く君臨しておりますが、
最近は若い友人達がこれを知 らないのであまり歌う機会がありません 。

詩の内容としては、愛だと思っていた彼女が、
実は思っていたほど自分を好きでいたわけではなかった、というショックがよく表れています。
第三者的に考えると、だったら努力して愛に近づければいいのに、とか
割り切って友達つきあいをすればいいのに、とか思いますが、
すっぱり断ち切ってしまうあたりが潔いといいますか。
当時、まだ韓国語特訓中だった私は、日本語を勉強している韓国人に会うと、
必ず意味を訊いていた詩がいくつかあり、そのどれもがオー・テホの詩で、
大概人によって違う解釈をしてくれるのに困ったことを思い出します。
今考えると、彼らは、詩の意味はわかっても、それを日本語にする力がなかったのでしょう。
この歌もそうやって何人かに尋ね、幾通りもの意味を教えて貰いました。
そういうのはぜんぶ振り払って作った訳詩が上のものです。
作詞はイー・スンファンの項でも紹介したオー・テホです。やはりちょっと難しい詞です。
この頃の彼の詩に頻繁に出てきた単語は「イーニョン인연」つまり「因 縁、縁」でした。
というか、韓国の歌にはよく出てくる言葉です。普通の生活会話でもよく出てきます。
これがあるから、あなたと私は出会うことができました、という話をするわけです。
私の乏しい経験からだけのことですが、近しくなるとトコトン親しくなるのに、
いったん疎遠になるともうそれっきり、という人 間関係が多いのは、
「あの人とは縁がなかった」と割り切ってしまうからなのでしょうか。
この辺の韓国人の見解はよくわかりませんが、
まあ日本でもその手の思想は基盤ですから、なんとなくそんな気がするのです。


------------------(↑以上、ほぼ1999年当時の記述のママ)------------------
この後、カラオケ18番はeco「ヘンボッカン・ナルル행복한 나를」オム・ジョンファ「後愛후애」になりましたw

私はずっとこれがセカンドアルバムだと思ってたんですが、公式ファーストアルバムです。
私がファーストだと思ってたのは、デビュー後すぐにお蔵入りしてしまい、
仕切り直して(メンバーもチェンジして)正式デビューとなったのがこのアルバムです。
その幻のファーストもこの曲の人気絶頂時に発売されました。だから余計紛らわしかったですね。
(こういうファーストが2枚ある歌手は結構何人もいます)
ところでキム・ソンミョンは実は客員歌手だったらしいことをなんと最近しりましたw
どうりであっさり辞めた訳だw
で、一緒に辞めたギターのイー・テソプと作ったユニットがK2なわけです。
イー・テソプはギターのアン・ジョンフン(後にPosition)脱退後の後がまで、

元々ヘビメタバンドの「鉄薔薇」のギタリストだったし、
そもそもピノキオに入った時点で浮いていた…。

キム・ソンミョンも「鉄薔薇」の人だったのでやっぱロックじゃん!と一緒に独立したんでしたね。
でもユニットだったのはほんの1年かそこらで、そのままソロになっても彼がK2を名乗って今に至ります。

上の記事を見るとピノキオは99年当時もまだ活動していたのがびっくりですが(メンバーチェンジはした)、
2012年に第4次メンバーで再結成し、アルバムを出したのはもっとびっくりでした。
あと、ドラムの人が亡くなったのはヒット中じゃなくてセカンドが出てからです。
当時、臓器提供をしたというので話題になりました。(する人が少なかったんだろうなー)

さて、オー・テホとキム・ソンミョンはこれ以前から知り合いで、
ピノキオに加入した際にオー・テホにタイトル曲を書いてほしいと依頼があったそうです。
しかもイー・ボマク「イビョル アニン イビョル이별 아닌 이별」のような曲を…と。
でもオー・テホはキム・ソンミョンの声にはこっちの方が合うしー、と本作を持って行ったら、
メンバーやスタッフの間では反応がイマイチイマニ。結局タイトル曲にはなりませんでした。
(タイトル曲は明るいポップな「タシ マンナン ノエゲ다시 만난 너에게」)
ところがー!徐々にラジオにリクエストが集まり始め、タイトル曲よりこっちがかかることが増え、
気がつけば上で書いたようなロングセラーの大ヒット。
私もラジオで聴いたクチで、一晩に同じ局で3回くらいかかることもありましたねえ。

今回、実は大昔(1999年)の訳とずいぶん変えました。
というか、大昔に書いたヤツがものすごく考え過ぎな訳だったんです。
その考えすぎなところがほんとは気に入っていたんだけどねえ…。
相変わらず難しい詞です。そして、
누구도 널 대신할 순 없지만(誰も君の代わりにはなれないけれど)
この一文がなぜココに!というのだけが未だに悩むところです…(とほほ)。


 

사랑과 우정사이  작사/오태호 노래

머리를 쓸어 올리는 너의 모습
시간은 조금씩 우리를 갈라놓는데
어디서부턴지 무엇 때문인지
작은 너의 손을 잡기도 난 두려워

어차피 헤어짐을 아는 나에겐
우리의 만남이 짧아도 미련은 없네
누구도 널 대신할 순 없지만
아닌건 아닌걸 미련일 뿐

멈추고 싶던 순간들 행복한 기억
그 무엇과도 바꿀 수가 없던 너를
이젠 나의 눈물과 바꿔야하나
숨겨온 너의 진심을 알게 됐으니

사랑보다 먼 우정보다는 가까운
날 보는 너의 그 마음을 이젠 떠나리
내 자신보다 이 세상 그 누구보다
널 아끼던 내가 미워지네

멈추고 싶던 순간들 행복한 기억
그 무엇과도 바꿀 수가 없던 너를
이젠 나의 눈물과 바꿔야하나
숨겨온 너의 진심을 알게 됐으니

연인도 아닌 그렇게 친구도 아닌
어색한 사이가 싫어져 나는 떠나리
우연보다도 짧았던 우리의 인연
그 안에서 나는 널 떠나네

사랑보다 먼 우정보다는 가까운
날 보는 너의 그 마음을 이젠 떠나리
내 자신보다 이 세상 그 누구보다
널 아끼던 내가 미워지네

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

What time is it ?

Mail form

list

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM