君のすべてが好きだったのに(イー・スンファン)

前回まで続けてオー・テホについて書いたせいか、
彼の作った曲が頭の中にぐるぐると回り続けてかかり続けております。
そんな曲の中から、もうずいぶん前に一度、ネット上に発表したことのある、
イー・スンファン曲の訳詞と当時の文章を掲載します。
このくらい昔だと、結構客観的に読めるもんなんです。

 

↑イー・スンファン 1集。
B.C603は当時のバックバンドの名前です。


 
君のすべてが好きだったのに>
 Lee,Seung-Hwan (lylic:Oh,Tae-Ho) [kidalin naldo jiwojil naldo]'89

君のすべてが好きだったのに 遠くに行ってしまうんだね

 

他にはなにもいらなかった 君の笑顔を見ていたいだけ

 

 

いつまでもきみのことばかり

 

言葉はひとつもでてこない

 

愛してるって言えばよかった

 

もう遅すぎるけど

 

君のすべてが好きだったけど 遠くに行ってしまうんだね

 

他にはなにもいらないから 君の笑顔を見ていたかった

 

イー・スンファンのデビューアルバムに入っている、オー・テホとの初期の名コンビ曲です。
ライブアルバムではアレンジを変えてやっていて、これもいいです。

いきなり元詩をがらっと無視してしまいました。なんといっても長さが全然〜。

元タイトルは「기다린 날도 지워질 날도(キダリンナルド チウォジルラルド)」、
あえて日本語にすると「待ちこがれた日も去りゆく日も」(<これはずいぶん詩的な訳タイトルになりましたねえ)。
このタイトルについて、私はずっと、
「(僕が何かを)待って(過ごして)いた日々も(僕 が何かを)消してしまう(であろう)日々も」
という意味だと思っていたのですが、どうも
「(早くやって来ないかと)待っていた日々(=現在から過去を回 想)も
(これからやってきて)過ぎ去って消えてゆく日々(=現在から未来を想像)も」
という意味ではないかな、と。
このタイトルについて韓国では
「文法的におかしい(「기다릴 날도 지워진 날도」が時制的に使用法として正しいとの言い分)と、やや話題になりました。
ただ、この説だと私の解釈とはまた変わってきまして、
「(早くやって来ないかと)待っている日(=現在から未来を期待)も
(過ぎ去って)消えてしまった日(=現在から過去を回想)も」になるのです。
詞の内容的にはこれがすっきりきますが、私はそこを敢えてこのタイトルにしたという点を買いたいと思います。
そこまで考えてる外国人がいるとは作詞者も思わないでしょうが。

作詞者のオー・テホは当時、文法的に難解な詞を多々書いておりまして、
その代表はキム・ヒョンシク 「ネサラン ネギョッテ내사랑 내곁에」(90)ではないでしょうか。
彼は大学の国文科を出ているのに、なんで正確な文法を使わないのか、と結構たたかれていたものです。
その後、韓国語もどんどん乱れて、というか変わっていく流れが続いています。
どこの国でも起こることは同じなわけです。

さて、昔私はラジオ韓国=KBS国際放送を聞いていたことがあり、
それの日本語放送の番組の中でつけられたタイトルが「君のすべてが好きだったのに」。
初めてそのタイトルを聞いたとき、うなっちゃいました。こりゃ一言でこの歌を表している、と。
そこで、それを拝借して作ったのがこの訳詞です。93年か94年に作りました。
わりと流れるようにできあがり、なんの苦労もなかったことを覚えています。
その後、多少の語句の訂正はありますが、ほぼできた時のままです。

------------------(↑以上、ほぼ1999年当時の記述のママ)------------------

今回、これを書くのにふっるーいバックアップCD-ROMを探し出しました。
文中の「昔」って…1992年のことですけど…、今じゃ本当に昔のことです(トホホ)。
今でもわりとこの訳詞は気に入ってますが、
ハングルで6行分を2行にまとめるって一体どんだけカットしてるんか、自分、とw

最近、ドラマ「応答せよ1994」の最終回で流されたようです。
↑の映像はMVなのかなー。初めて見ました。
ライブアルバムもそうですが、His Balladというセルフリメイクアルバムにも収録されています。
昨年参加した「コンサート7080」でも歌っていました。
(つか、3回出演して3回とも歌ってますな)

 


기다린 날도 지워질 날도 작시 / 오태호  노래 / 이승환

기다린 날도 지워질 날도
다 그대를 위했던 시간인데
이렇게 멀어져만 가는 그대 느낌은

더 이상 내게 무얼 바라나
수많은 의미도 필요치 않아
그저 웃는 그대 모습 보고 싶은데

더 언제까지 그대를 그리워 해
아무런 말도 못하고
지금 떠난다면 볼 수도 없는데
그대를 사랑한단 그 말을 왜 못 하나
원하는 그대 앞에서
모아 둔 시간도 이젠 없는데

기다린날도 지워질 날도
다 그대를 위했던 시간인 걸
이렇게 멀어져만 가나
그대 떠나나

더 언제까지 그대를 그리워해
아무런 말도 못하고
지금 떠난다면 볼 수도 없는데
그대를 사랑한단 그 말을 왜 못 하나
원하는 그대 앞에서
모아 둔 시간도 이젠 없는데

더 이상 내게 무얼 바라나
수많은 의미도 필요치 않아
그저 웃는 그대 모습 보고 싶은데

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

What time is it ?

Mail form

list

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM