一番好きだった作曲家は…


2013年も終わりが迫って参りました。
夏頃には毎週更新目指して頑張ってましたが(いやホント)、すっかり息切れ状態でw
けしてネタ切れでは…では………いや、そうかも…

こんなニッチなブログにも検索していらしてくださる方は多く、
この1〜2週間で多かった検索語は
「Sechs Kies」(DSP祭のおかげですか?)
「Noise ホン・ジョング」(女優さんと結婚するらしい)
「ソ・ジウォン 死因」(1月1日が命日。死因は、大量の服薬によるもので、自殺説が有力ですが未だに事故なのか自殺なのか不明な筈です)
がやたら多いのが特徴でした。チェッキーはともかく、
他の二人については自分で検索してみましたが、
他に書いているブログとかが(ほぼ)無いためにいらしてくださるのかと…。ありがとうございます。

←20歳の誕生日を目前に亡くなったソ・ジウォン。
2集発売の直前だったため、実質的な歌手活動はほぼ1年。
当時、男性ソロ歌手がシン・スンフンとキム・ゴンモに
殆ど集約されつつあった中で、
よく頑張っていたと思います。
ソ・ジウォンというと、亡くなってすぐに発表された、2集の「내 눈물 모아」が
キム・ギョンホ김경호はじめいろいろな歌手にカバーされるんですが、
私が好きなのはデビュー曲「또 다른 시작」(1994)


何故なら、この曲を書いた作曲家の作品が、言ってみれば私が韓国ポップスにはまるきっかけとなった曲で、要するにこの人の曲が自分の感性にぴったり合うからなのであります。

その作曲家はオー・テホ오태호。
私が一番最初にジャケ買いしたアルバム(このブログの最初の記事参照)のうち、
イー・スンファン2集のこの曲を聴いて、「ふむ、これは結構いいかも」と思って
何度も繰り返し聴いたのがすなわち彼の曲。

●이승환 「세상에 뿌려진 사랑만큼」


この時に一緒に買った屋台テープこと「最新歌謡」(ヒット曲をこれでもかとつめこんだ海賊テープ)にはオー・テホの曲がいくつか収録されていました。
そのうち、91年に大ヒットした曲といえば↓の3曲。

●김현식  내사랑 내곁에


あまりにも有名な曲ですね。
2節の歌詞「시간은 멀어짐으로 향해가는데 (時は遠くへ向かって行くけど)」を
キム・ヒョンシクが「시간은 멀어 집으로 향해가는데(時は遠く、家に向かうけど)」と歌ったので
作曲家本人はちょっと困ったなあ、と思ったそうです。
案の定、当時は「なんだこの歌詞は。国語の乱れだ」と言われてましたよ(記事を読みました)。
でも今ではカバーする歌手全員が「家」で歌ってる…。


●이범학  이별이 아닌 이별


おっ、ライブだw
もうね、この人はこの曲だけで、コンサートに呼ばれ、テレビに呼ばれ、
未だにあちこちで歌ってますからね…。
殆どの人がタイトルを「ネサラン グッバイ」で覚えてる予感。
実は私はセカンドアルバムの曲(これもオー・テホ作品)の方が好きです。


●이상우  하룻밤의 꿈

私が一番最初に「覚えよう」と思って覚えた曲は、
チョン・スラ정수라「난 너에게」でした。
その次がこの曲。
オー・テホ作品の特徴である、音階の高低のメリハリがやたらきいている、
典型的な曲でもあります。

 
イー・スンファンと一緒に出した競演アルバム「2・5共感」もよく聴きました。
●사랑이 그리운 날들에(1992)
 
ドラマ「応答せよ1994」でも使われているんですね。
原曲はオー・テホがギターを弾いていたバンド「公衆電話」の曲です。
因みに彼はシン・デッチョル신대철の代理でシナウィでギターを弾いたこともあるそうです。

●피노키오 사랑과 우정사이(1992)
 
これも有名な曲です。
ボーカルのK2キム・ソンミョン김성면、ユンサン윤상を意識してるんでしょうかw
これが出たばかりの頃、深夜ラジオ(韓国MBCかKBS)で流れて来たこの曲を聴いて、
次の日に阿佐ヶ谷の三中堂にカセットを買いに行きました。
この頃になると、クレジットにオー・テホの名前があると「あ、やっぱり」と思いました。
ちょうどソテジワアイドゥルが東京は渋谷でのライブに出る為に来日した頃のことでした。
数年後、ECOの「행복한 나를」という曲が出るまで、私のカラオケ18番だった曲で、
そして自分がものすごくお金がなくて、親や祖母から「フーテン」だの「ルンペン」だのと呼ばれていた、ダメダメだった時代に聴いていた歌のひとつです。

イー・スンファンに提供した最後の曲はコレ↓
●이승환 화려하지 않은 고백

ファーストから作り上げて来た「イー・スンファンのイメージ」の最後の、いわば集大成。
次の4集から彼の音楽はガラッと変わることになりました。

えー、長くなったのでこの項続きます。

続きます、と書いて続いてない項も多々ありますが、
こればっかりは続けたいので続きます!…たぶん。(気、弱っ)

というわけで、また2014年もよろしくお願いいたします〜。

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

What time is it ?

Mail form

list

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM